運動習慣・身体活動も、がんの発症に関係している

  • デスクワークや家事が中心で、日常的に体を動かすことが少ないと感じている。現代人特有のワークスタイル、ライフスタイルが影響している
  • 休日はダラダラと過ごすことが多く、運動がなかなかできない。体を動かす習慣がほとんどない

このふたつについては、運動習慣や身体活動についての項目です。便利な現代社会は、意識していないと身体を動かす機会は減る一方です。

移動ははとんど車、同僚への連絡はメール、買い物はインターネット通販、部屋の掃除は掃除ロボット… … という生活をしていると、日常の身体活動量は非常に少なくなってしまいます。厚生労働省のデータでは、15歳以上の日本人の1日の平均歩数は、1997年と2009年を比較すると、男女ともに約10000歩も減少しているそうです。しかも活動量が減ると、体重が増えやすくなる一方、筋肉量は低下します。すると少し体を動かすのもおっくうになって、ますます非活動的になるという、悪循環に陥っていきます。

運動の効用は、筋肉を維持したり、肥満を予防したりするだけではありません。ホルモンなどの内分泌機能や血糖値を下げるインスリンの働きも、運動によって改善することがわかっています。さらに、がん細胞などの異常な細胞を排除してくれる免疫機能も、適度な運動をすることで向上します。

つまり運動はがんの予防にもつながっています。大腸がんは、運動がリスクを下げることが「ほぼ確実」とされていますので、体を動かすことが非常に大切となります。運動といっても、必ずしも激しいスポーツをする必要はありません。

エレベーターやエスカレーターを使わずに階段利用を増やす、通勤時に一駅手前で降りて歩いて帰るなどや少し遠くの店に徒歩で買い物に行くなど、身近にできることで活動量を増やすだけでも大きく違ってきます。

スポーツや運動を生活に取り入れる場合、軽く汗をかき、息が少しはずむ程度の運動を週に数回行うと、脂肪燃焼や筋肉を鍛える効果が期待できます。中でも下半身の筋肉は全身の筋肉の7剖近くを占めるといわれており、ウォーキングやランニングなどで下半身の0 50筋肉を鍛えることは、非常に効率的といえます。

早期発見のために 自覚症状で安易に判断せずに、定期的な検査でがんを早期発見する15項目

食道がんは飲酒との関係性が深い

  • 仕事や仲間うちなどで酒席の付き合いが多い。あるいは自宅で晩酌することが多い。
  • アルコールを飲むとすぐに顔が赤くなったり、数年前と比べて酔いやすくなったと感じる。
  • 胃酸の逆流やゲップが時々ある。食べ過ぎや飲み過ぎで、たまに胸やけがする。

これらは飲酒に関係します。健康のためには「アルコールは適量に」という話は誰でも聞いたことがあると思いますが、喫煙と同様に飲酒も習慣性が高いため、控えたはうがいいと知りつつ、つい飲み過ぎる人も少なくないようです。

しかし、過度の飲酒はがんのリスクを確実に上昇させます。特に大量の飲酒が引き金になるケースが非常に多いのが、食道がんです。アルコールを毎日3 合以上飲んでいる人の食道がんリスクは、お酒を飲まない人の約60倍以上になるといわれています。また、飲酒すると1すぐに顔が赤くなる人」.はさらに注意が必要です。

飲酒によって顔が赤くなるのは、アルコールを分解する肝臓内の消化酵素の働きが弱く、アルコールの処理速度が遅れるためです。通常アルコールは、体内に入ると肝臓の消化酵素によって無害なものに分解されていきます。この分解の過程で生じるのが、発がん物質の一種であるアセトアルデヒドです。

アルコールの処理速度が遅い人、つまりお酒に弱い人はアルコールの分解が間に合わず、アセトアルデヒドが体の中に残ってしまいます。食道がんの発生に関しては現在のところ、この「分解が間に合わずに残ったアセトアルデヒド」から受ける影響とアルコールの直接的な刺激によるものが大きいと考えられています。ご存じのように、アルコールの処理速度は人によって大きく異なります。それは遺伝子によってアルコールの分解能力がほぼ決まっているからです。そのため、いくら飲んでも顔色も変わらないという人に比べて、すぐに顔が赤くなる人= アルコールの処理速度が遅い人が、慣れによってお酒を飲めるようになり、多量の飲酒を続けている場合は、特に注意が必要です。

3つ目の項目の「胃酸の逆流」も、食道がんのリスクを高めます。胃酸は、胃に入ってきた食物を消化する強い酸性の液体です。

 

1960年代頃から、わが国では、良質なカルシウム源として牛乳などの乳製品を積極的にとろうという栄養指導が広く行われるようになりました。また食肉産業も整備され、一般家庭で普通に牛肉や乳製品の摂取をするようになったのも、この頃からです。

こうした変化により日本人の栄養状態や身長などは急激に進歩しましたが、一方で弊害も現れるようになりました。その代表が、糖尿病や高血圧などの生活習慣病の増加であり、がんなどの悪性腫瘍の増加です。

各国の研究で、動物性脂肪を多く含む乳製品やハム、ベーコン、ソーセージなどの加工肉、豚・牛などの赤肉を多く摂取する人は、大腸がんになりやすいという報告もあります。理由としては、牛乳に多量に含まれているホルモンが発がんに関与するとされていることや、さらに肉類などの動物性脂肪を多くとることで、腸内細菌叢が変化することも一因と考えられています。また先にも挙げた喫煙、アルコールの大量摂取もがんのリスクを増大させますが、

炭水化物のとり過ぎで起こる肥満や動物性脂肪のとり過ぎなどが、多くのがんの発症に大きく関卑していることが明らかになってきています。

肥満によってリスクが上がる確率が高いのは大腸がん、食道がん、乳がん、肝臓がんなどが挙げられます。特に大腸がんは関連が深く、国立がん研究センターの研究によると、BMI(肥満度) 30 以上の肥満の男性は、大腸がんになるリスクが約1.4倍にもなると報告されています。

大腸がんは、男性のがん死亡数が3位、女性が1位となっており、亡くなる人が多いがんでも為ります。なぜ大腸がんで亡くなる人が増えているのかといえば、大腸がんは病状がかなり進行しないと自覚症状が出ないがんの代表だからです。

出血、便の変化といった自覚症状が出てから検査した時には、病状がかなり進行している可能性が高く、手遅れの状態で見つかるケースも珍しくありません。その結果、大腸がんが原因で亡くなる人たちが多くなってきているものと思われます。

自分でできる!病院に行かずに行う大腸ガン検査キット

自分でできる!病院に行かずに行う大腸ガン検査キット

ヌーススピリッツの原料

「ヌーススピリッツ」は、ストレスの多い今、 気分の沈みやイライラ、キレたり、目覚めが悪かったりなど、 深刻なメンタル面のツラさが続く時にチカラを発揮してくれるサプリメントです。

原料には天然素材である水溶性低分子キトサンを使用。 この原料はメンタル面をサポートするとして、 米国と日本で特許を取得している、他にはないサプリメントです。特許についてはこちらに紹介されています。

キトサンを利用した健康食品は数多くありますが、ヌーススピリッツは紅ずわいガニから採れる純度ほぼ100%のキトサンをカプセル詰めした高品質のキトサン食品です。

キトサンはその分子量の大きさのため、体内に吸収されにくいとされてきましたが、水溶性低分子へと加工されることで身体の中への吸収がスムーズになり、ストレスで乱れている心身のバランスを整えるようにサポートしていきます。

また、キトサン自体が持っている食物繊維の力で、腸内環境を始めとした体内環境もより良い方向へと整えていきます。

https://memo-note.com/kitosan/

日本人のガンが増え続けている理由はこう考えてみた

最近は、メディアでも有名人ががんになってしまった内容をよく見聞きするようになりました。最近では、堀ちえみさんがテージ4の舌がんを公表。少し前には、競泳の池江選手が白血病を公表しました。歌手の野口五郎さんも食道がんで手術をしたと公表。とても不謹慎な言い方ですが、有名人のガンの公表したものを挙げていればキリがないほどです。

著名な歌舞伎役者や歌手、俳優、タレントさんなどが「がんが発見ざれて手術を受けた」「がん闘病の末に亡くなった」といった情報も最近は、驚かなくなってしまったのが本当のところです。また、ある程度の年齢になると、高齢になった親や近親者、職場の同僚など身近なところでも、がんの治療経験がある人や現在治療中という人が増えてきます。
両親が少し調子が悪い…と言うと心配になります。まさか?と思ってしまうのです。

もちろん周囲の人だけでなく、職場の健診などでがんの疑いを指摘され、自分自身が思いがけず、がんの当事者になったという人も少なくないはずです。現在の日本人にとって、がんはこれまでになく身近な病気になっています。

具体的に、死因別死亡率の統計を見ると。昭和20年代初めまでの日本人の死因のトップは結核です。明治から昭和初期にかけて、感染症の一種である結核が流行を繰り返し、効果的な治療法もないまま多くの人が命を落としました。
当時、結核が「亡国病」と呼ばれたことからも、その猛威のはどが想像されます。
その後、戦後の昭和26年に結核予防法が制定され、抗生物質ストレプトマイシンなどによる治療が普及したことで、結核による死亡数は激減することになります。結核に替わるように昭和20年代後半から数が増えたのが、脳血管疾患による死亡です。脳血管疾患とは、脳の血管が詰まって起こる脳梗塞や、脳の血管が切れて出血する脳出血・くも膜下出血などを指します。以前はこうした脳血管疾患によってある日突然倒れ、そのまま亡くなってしまう人も珍しくありませんでした。

しかし脳血管疾患や高血圧などの治療が広く普及したことと、戦後になって食事内容が変化し、塩分摂取量が減ったことなどで、昭和40年代後半から死亡数は減少に転じます。1980年頃になって日本人の死因のトップに躍り出たのが、悪性新生物、すなわちがんによる死亡です。

近年、医療技術がめざましく進歩しているにもかかわらず、男女ともにがんで死亡する人の数は確実に増加の一途を辿っています。2 01 3年のがんによる死亡者数は、年間約36万人にのぼります。これは1980年代の死亡者数の約2倍に当たります。

国立がん研究センターの統計では、私たち日本人が生涯でがんになるリスクは男性で約60% 、女性で約45%となっており、男女ともにおよそ2人に1人はがんになる確率があるといえます。そして全体では3人に1人ががんで命を落とす、というのが今の日本の現状なのです。

例えば、私が親友と楽しく食事をしたり、お酒を飲んでいるとします。現在の日本の統計に照らし合わせてみると、私を含めた3人中1人か2人ががんにかかり、誰か1 人ががんで亡くなることになります。現時点では自分はがんとは関係がないと思っている人でも、長い人生の中では「他人事」では済ませられないのが、がんは、とても身近な病気なのです。

ヌーススピリッツとヘム鉄摂取でうつを撃退

女性に不足しがちな鉄分は体にも脳にも必須栄養成分

誰もが体に持っている鉄分ですが、これが減ってしまうとうつ状態に陥るリスクが高くなります。

鉄には体内に酸素を運ぶ働きがあり、脳にも酸素を運搬しています。鉄分が減ると、脳が酸素不足になり集中力が低下したり、酵素の働きが悪くなり、脳内神経伝達物質のセロトニンの生成がうまくいかなかったり、ドーパミンをキャッチする受容体の機能が低下したりします。つまり、神経伝達物質がスムーズにいかなくなります。

疲労、イライラがつのり、うつ状態に結びつくこともあります。鉄分不足は、貧血、動悸やめまい、頭痛などの不調の原因につながります。女性の場合、生理や出産、ダイエットなどで鉄不足に陥りやすくなります。

体内の鉄分の3分の2は赤血球の中のヘモグロビン(ヘム鉄)ですから食事から常時補給する必要があります。

近年は、土壌自体に含まれる鉄分も減り、自然の食物から鉄分が摂りにくい環境です。鉄分豊富な食生活が基本ですが、サプリなどの活用も合わせたほうが効率的です。

うつ病は、気力で治すことはできません。うつ病に対する正しい知識と理解を持ち、そのうえで専門医にきちんとみてもらうことが最も大切です。うつ病は、早期に気づき、適切な治療を受ければ必ず治る病気なのです。

水溶性低分子キトサン「ヌーススピリッツ」を使ってみた効果と使用感
https://memo-note.com/kitosan/