寝たきりは地獄

これだけお金がかかる寝たきり。いったいどのくらいの時間続くのでしょうか。先ほどの調査において、寝たきりになる年齢や、寝たきりの期間を調べました。

寝たきりは80歳くらいからドーンと増えますが、若い頃寝たきりになった人は寝たきり期間が長い傾向があります。寝たきり期間を原因別に見ると、脳血管疾患で寝たきりになった人は約4.1年、脳血管疾患以外の寝たきりは約2.1年。

つまり、脳血管疾患による寝たきりは、それ以外の寝たきりより2年も寝たきり期間が長いのです。昔は、脳血管疾患、なかでも脳卒中はコロッと死ぬ病気でした。ところがいま、脳卒中ではコロッと死ななくなりました。

脳出血ではなく、脳梗塞が増えたからです。寝たきりは地獄です。あるおじいちゃんの例です。この人は首から下が全部麻痔して、言語中枢もやられています。つまり、しゃべれないのです。何か話をしても、私には「うー」「あー」というふうにしか聞こえません。そして二言目には『殺してくれ』って言うようになります。これが現実です。

寝たきりは地獄なのです。このおじいちゃんは、ご自身の妻にも一晩中「死にたいから殺してくれ」と訴えていました。

寝たきりというのは、それほどの地獄なのです。それは、介護する側も同じです。寝たきり期間が長くなると、家族も早くラクになりたいと思う。すると、考えてはいけないことを考えてしまいます。

介護が5 年、6 年と長くなると、そこまで人を追いつめてしまうのです。ですから、脳血管疾患で寝たきりになってはいけないのです。脳血管疾患は寝たきり期間が長いだけでなく、入院期間も長くなります。脳血管疾患で入院した場合、男性は85.3日間、女性は125,8日間。がんや心疾患の3倍以上です。

脳梗塞、心筋梗塞の後遺症の回復に「赤ミミズ食品」が注目集まる

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です