「安くて、うまい、健康的」な 弁当には大きな声では言えない秘密がある

「化学調味料・合成保存料・合成着色料は使用していません」という表示のある弁当やおにぎり、サンドイッチなどを販売している コンビニチェーン店が増えてきました。

健康志向の時代を反映して、ついにコンビニも「無添加」の方向に進んでいると思っている人もいるかもしれませんが、そうではないので。

サンドイッチ」の でも紹介していますが、食品添加物メーカーが心配するほど、pH調整剤を使っています。ほとんどのコンビニ食品は、「常温で保管しても36時間は腐らない」ように作られています。そのために何が必要かといえば、このpH調整剤です。

消費者である私たちは、原材料表示や賞味期限を確認し、なぜ、常温で二36時間も腐らないのか」という疑問を持たなければいけません。

ただ、たとえばコンビニ弁当にしても、弁当の上部のブタには価格や消費期限、力ロリーや「混め時間」などが表示してあるだけです。原材料表示がどこにあるかといえば、商品の下側(底)に貼り付けられている場合がほとんです。

弁当を持のぞち上げて下から覗き込まなければ確認することはできません。添加物だらけの表示を前面に出せば、消費者が敬遠するのではないかと心配してのことかもしれませんが、これは売る側のモラルが問われる部分です。

コンビニ弁当が持っている「脅威」が一部で顕在化したことがあります。売れ残ったコンビニ弁当を豚の飼料にしたところ、豚に出産異常が続出したという報道がありました。豚の臓器を人間に移植する研究も進んでいます(名古屋大学医学部)ほど、豚の体の構造は人間のそれに近いというのです。その豚に本当にコ ンビ二弁当で異常が出ているとしたら、それは人類への警鐘と考えなければいけません。

買う側としても、弁当をひっくり返して原材料表示を確認するという「ひと手間」を惜しんではいけません。

知らぬ間に食べている

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です